岸優太くんを推す営業のひとりごと

King & Princeの岸くんを強火応援&考察するブログ

Re:Senseの曲、私の好みでしかない

キンプリの3rdアルバム「Re:Sense」!!ついに昨日、7月21日に発売されました!

f:id:chan_0929soba:20210722235006j:image

事前の概要やライナーノーツを読んでも、とにかく期待高まりまくってたんやけど…やはり素晴らしかった…私好みの曲がたくさん詰まってて、もうね。

めっちゃカッコいい。

まず大前提として、キラキラなJ-POPや可愛いラブソング、カッコいいダンスナンバー、色んな顔を見ることができて満足感が高かった!!

個人的な印象としては、前作「L&」と比較して、よりシャープな感じといいますか。「カッコいい」が全面に出ているな、という感じ。

その理由のひとつとして(私が大好きな)R&Bの要素がたくさん散りばめられてるんですよ。

とにかく一昨日から聴きまくっており、思い爆発するままに全17曲の感想を書き殴ってみた。

語彙力皆無やけど、それなりに大作になってるので、もし暇やったら読んでほしい。聞き込めてない曲とで、文量の差が激しすぎるけどご勘弁です

僕らのGreat Journey

曲始まった途端の「準備してます!でも忘れます!」のインパクトが強すぎて(笑)、割とポップに聴いてたけど、ナニコレ聴けば聴くほど良いやん…個人的に、右肩上がりで好きが増している曲。

2番の歌詞めっちゃ良くないですか?最近、自分らしく頑張れてなくてモヤモヤしてた私の心に響いた。

このままじゃ僕は今よりも輝けはしないだろう 追いつきたい 追い越したい いつも昨日超えてたいから

夢に向かって上に向かってまさに今、邁進しているキンプリちゃんたちへの応援歌にも聞こえる。それであのMVの楽しそうな5人を見てると泣きそうになってくるんだよな。これをモンペというのか…

C&Kさん、素敵な楽曲をありがとう。

youtu.be

ユメラブ(You,Me,Love)

来ました王道な爽やかJ-POP!嫌いなわけがない!キンプリお得意のキュンキュン可愛いカッコいい感じが活きてる。ピンポイントやけどここの海ちゃん好き。

恋のWaveに飛び込め

夏にぴったりやから、これからヘビロテします。

 

BUBBLES&TROUBLES

初見でイントロが流れた瞬間、

「あ、これ絶対私好きなやつ」と確信した。タイトルだけではどんな曲か全然想像ついてなかったから、こんなに好きになると思わず、余計びっくり。

これを聴くたびになぜか泣きそうになるのは私だけでしょうか…どう考えても泣くような曲じゃないのよ。わかってるんよ。

でも、メロディやビートが死ぬほどオシャレでカッコいいのに、ときおり飛び込んでくるフレーズが素敵で。

立ち止まる時もあるけれど 顔上げてこう

肩の力がフッと抜けるような、でもそっと背中押してくれるような曲。

いつか見た 夢の欠片に 縛られないで 自由に描こう


Magic Touch

言わずもがなの、バチバチにカッコいいヒップホップ。シングルが発売された5月以降、冗談抜きで毎日聴いてた。なんなら今も聴いてる。こんなにあほみたいに聴いてるのに全然飽きないから不思議。サビのR&B感が、めちゃくちゃ私の好みなんだよなぁ。

マジタについては、詳しくは以下の記事をご参照ください。ちなみに3,600字書いてる。我ながらキモい。

chan-0929soba.hatenablog.com

 
Lost in Love

きしれんかい3人のユニット曲。発売前にコンセプトが公開された時から、すでに期待しかなかったんやけど案の定

初めて聴いた夜は卒倒した。

こんな…胸が苦しくなるほどの失恋ソングを、きしれんかいの3人に歌わせたの天才すぎん?ダンスビートで疾走感はあるけど、繊細な曲調。きしれんかいの透明感ある歌声と親和性高すぎるんやて。これ、ライブで聴きたかった。

何をしても君への愛は消えない

ここの岸くんが好き。

岸くんがこんな大人な失恋ソング歌ってんの、こじらせるわ…あかんて…

 

サマーデイズ

ライブで盛り上がりそうな、夏のアツい曲!わちゃわちゃしながらこれを歌うキンプリを見ていたい。絶対楽しい。


幸せがよく似合うひと

なんとなく、前回のアルバムの「生活(仮)」に通じる世界観ある印象。可愛くて、愛おしくて、彼氏みある歌詞が堪らんです。キンプリちゃんがもし彼氏で、彼女にこれを歌うとしたら…という妄想が膨らむ。


Beating Hearts

5月に発売された両A面シングルですね。私の三半規管が弱すぎて、あれからMVは観れてないんですけども、曲は良い。ファンキーな感じが楽しい。

ダンスも、キンプリのみんなが楽しそうに踊ってるのがめっちゃ好き。CDTVのBeating Heartsめっちゃよかったなぁぁぁ

youtu.be


Koiは優しくない

公式のライナーノーツで「90年代J-POP風」と紹介されてたけど、イントロの雰囲気が完全に全盛期のELTでは??好き。90年代風大好物なんです

少し懐かしさ感じる電子音が刺さる。爽やかラブソングという意味では、ユメラブと共通したもの感じるけど、個人的にKoiは優しくないのサウンドがとても好みであります。

 

フィジャディバグラビボブラジポテト

え、好きすぎるんやが????

もっとガチャガチャして聴きにくいのかなと想像してたらそんなことなかった。正直そんなに日常で聞かんかなーと思ってたら、全然そんなことなかった。

夢の国に引き込まれるようなメルヘンチックな世界観が良き。エンターテインメント性高すぎ。ヒャダインさんて、凄い…センスの塊。

ほんで歌詞がおもろくて吹いた。私のお気に入りはココ。きっとみんな好きやんね?

突然だけど犬の真似 悪いね 僕は猫派なの みなさんインコでよろしく じゃあパキケファロサウルス

はい グミ食べる人?

"パキケファロサウルス"の岸くんの発音が良くて中毒性あるし、"はい グミ食べる人?"の紫耀くんの低空飛行感が好きすぎて何回も聴いてる。

要所要所に挟まってる、キンプリのわちゃわちゃがおもろくて可愛くて、ずっと楽しい!けどメロディラインも良くて聴きやすいのが最高。

「あおげ!あおげ!風を起こせ!」言われながらライブで全力でうちわ扇ぎたい…ライブ…涙


ツッパリ魂

これをじぐひらに歌わせた人、天才。じぐひらのこと分かってるメンバーだからこそ、このユニット曲をプロデュースできるんだよなぁ。

プライドの果てには 硬派なロマンがある 一歩も引かねえぜ!

この男臭さよ!!!!この男臭さは、じぐひらにしか出せんのよ。

じぐひらのこぶし効いた歌い方、クセになるなー。二人とも完全になりきってるのがマジで凄いわ。二人がやりきってるからこそ、昭和の暑苦しい男の友情という世界観が完成されてる。


Body Paint

ここから続く曲の流れが、完全に夜のドライブコース。カッコいい枠の曲って、めっちゃ好きな時と全然刺さらない時があるんやけど、これはドストライクなやつでした…私はBメロあたりのサウンドが大好き。

ほんでここの岸くん。英語の発音の心地よさ。"Oh"の色気。爆発してます。このパートになるたび、家で一人で悶えてる。

I stand here Baby, can you hear? Yeah, do it again 癖になるまでさ Oh

ライブでどんなダンスを踊るかも楽しみやなぁ。それにしてもいつから岸くんはラップ担当になったんやろ?

 

Dance to the Music

はい好きーーーーーー

めっちゃAwsome City Clubーーーーめっちゃ90年代感ーーーー!!!!

みんなすでに言うてはりますが、Body Paintからのこの曲の流れが好きすぎて!!!鳥肌モンです。

ひとつひとつのサウンドが、好きで溢れております。この90年代のダンスミュージックぽい雰囲気、堪らん。音もリズムも死ぬほどカッコいい。多分キンプリちゃんが歌ってないとしても好きな曲やわ。Bメロの”ズズズダンズズズンダダダン”の音が(語彙力死!!)めっちゃ好きなんやけど、分かってくれる人おらんかな。

ちょこちょこ入る"止まれやしなーーい"の岸くんの歌声が、伸びやかすぎてもう気持ちいい。特にラスサビで転調してからの“止まれやしなーーーい”がね。くそぅーカッコいいーーーー。    


I Promise

夜のドライブコース3曲目ですよ。

音楽特番でアイプロ歌ったら、他の曲歌ってほしいとか色々言うてますけども、私はなんやかんやアイプロ信者。やっぱり好きなんです。王道なウィンターラブソング、でも多幸感に溢れているというより、ちょっと切ないのが良い

会いたいのに会えない、そんな切実さがあって、聴いていると胸に募るものがある。これを歌ってるキンプリは、完全に現代の王子様。

これ聴いてるだけで、冬の冷たい空気を少し思い出して懐かしくなるね。

youtu.be


花束

ここで壮大なバラード。キンプリ5人の歌唱力が、全面に活きていて、流石としかいいようがない。そしてなんといっても歌詞が心に響く…みんなひとりひとりが持つ個性=”カラー”を肯定する言葉に、勇気をもらえる。

誰もがそれぞれの個性(カラー)を広げ 認め合って 支え合って 自由を生きればいい

この曲って、ありのままを認めるだけじゃなくて、そのありのままの個性をもって、高め合っていくことを歌ってるのがめちゃくちゃ良いなと思った。 

全力で立ち向かえ 全身で己を放て

ここの岸くんの、力強い歌声に脱帽。ほんと岸くんの声って七色。

 

Namae Oshiete

なんと2年前のアメリカ武者修行で、こんな隠し玉を作ってたなんて。早く言ってよ!って感じですよ。そんなことも知らずに私らは、ユニバたんがどうのと言ってたんですよ。

私は洋楽業界に明るいわけではないので、Babyfaceの名前は知らなかったんやけど、経歴見たらとんでもねぇ。そりゃ良い曲やわ。何回聴いても飽きないし、本当にカッコいい。この曲含め、R&B調の方向性がとにかく私の好みすぎる。(何回言うねん)

でもこの高音かつ全編英語詞の難易度高い曲を、歌いこなして自分のものにしてるキンプリもまじで凄い。

やっぱり私は岸くんびいきなので、2番の岸くんのソロが大好きです。歌い終わった後に岸くんが鳴らすタングロールもたまらん…!!

 I love the way you dance Cause I get so excited when you move like that

 MVもダンスも、言葉を失うカッコよさなんやけど、ここでは語りきれそうにないのでどっか別のとこで書きます!

youtu.be

Dear My Tiara

ティアラに向けて作ってくれた曲とか、泣くやん絶対アンコールで歌ってくれるやつやん。ティアラへの想いを綴った歌詞に、ほんとに感謝しかない…昨日のYoutube生配信ライブでも岸くんが「ファンの方をとにかくファーストに思って」作ったと言ってくれて、ありがたい…

新たな朝が来て それぞれの道を照らしたなら 歩き出そう ここでまた会えるその日まで 

 くぅ…今回ライブ当たらんかったけど、キンプリの5人に、岸くんに、いつかライブで会える日まで私も自分の暮らしを頑張るよ…仕事も頑張るよ…

あなたが 

 そして最後の”あなたが”を歌ったのが岸くんで、泣いた。

 

以上、全17曲のレビューでした。

とにかくアルバムがあまりにも良すぎて、胸いっぱいすぎる。ほんで3形態買ってるのにまだDVDまで辿り着けてないという。いつ観るんや、私。

毎作出すたびに、びっくりするぐらい成長して、どんどん塗り替えていくキンプリの5人。今回は特にそう思ったかもしれない。

そんなキンプリのアルバム、沢山の人に聴いてもらって知ってほしいなと願うばかり。

少しでも気になったら、ぜひね、1枚ポチッとね、してみてください。後悔はさせません。

sp.universal-music.co.jp

 日常のブログも書いてます→

sundays-flower.hateblo.jp

ナイトドクター第5話感想

「明かされる成瀬が抱える過去の秘密!!」

やってまいりました、ナイトドクターの夜。

余談だけど、毎週私は夜10時に放送が終わった瞬間、TVerで2周目を視聴しながらこの感想をカタカタとまとめております。TVerというとこがミソ

だが第5話の今回は、テーマが重い。感想が難しかった。メインとなったのは、ナイトドクターチームの重鎮的存在である、成瀬先生(田中圭)。厳しく、圧倒的な技量を持っている成瀬だけど、過去に手術をした患者の家族から訴訟を起こされていることが明らかになるのが、今回です。

救急センターに運ばれてきた男の子に付き添うお母さんに「絶対助けますから!」と伝える深澤センセ。その様子を見て成瀬は「医療に絶対はない」と厳しい言葉を投げかけた。「絶対に助ける」それは訴訟を起こした患者のご家族に、成瀬が昔かけた言葉だ。

そう、確約できないことに絶対を約束するほど、無責任なことはない。それはプロとして、仕事として、鉄則なのである。

でもそれって、難しい。

私もお客さんに「確約できません」と言いながら、本当にそれでいいの?と自問する。たかが営業の私でもそうなんやから、生死がかかる患者や家族に「確約できない」なんて言うのは、どれほど良心の呵責があることか…

結局、何が正しいのだろう、とわからなくなる。

技術だけでなく、揺るがない芯がないと医者の仕事はできないんだと、改めて偉大さを実感する。

運ばれてきた男の子、ひなたくんの治療を続けるも、原因を特定できずナイトドクターチームは苦戦。少しずつ情報を集めていくうちに、付き添いのお母さんが実は本当の親でないことが判明した。

アパートの隣人で、両親に虐待されていたひなたくんを連れ出してきたという。その隣人は、犯罪者になってもいいから、とひなたくんを助けるために手術承諾書にサインをした。

親でないのにサインし、最終的に捕まった隣人は、間違っていたのか?

本当にこの世の中は、明確な正誤なんてない。大人になるごとに難しさばかり募るなあ、と思う。

ひなたくんの手術が終わると、成瀬は訴訟なんか会いに行く。

当時の成瀬が家族に説明したのは、ただ条件を羅列しただけの同意書。そうではなく、手術内容をわかりやすくまとめた資料を持って、成瀬は誠心誠意謝罪した。

まあこれで訴訟が取り下げられたのは、ドラマやからこそやけど…でも、患者が理解できるように治療内容を説明する"インフォームド・コンセント"は、大事だ。

医療業界に限らず、こういう文書や契約書は、双方がきちんと理解し納得し合意してこそ、意味があるんですよ。そうしないといつか絶対シワ寄せがくるから。前提条件を書いときゃいいもんじゃないんだよね。痛い!!耳が痛いよ!

また、ただのマジメな感想になってもた。

でも今回は、ナイトドクターチームの絆も垣間見えたのがよかった。青春だ。

そして屋上でビール飲むシーンがやはり良き!

f:id:chan_0929soba:20210719232908p:image

ただの岸担得でしかないシーン。

ビール飲む岸くんがほんと良いのよ…

ピンクのパーカー似合う成人男性、そうそうおらんで?

f:id:chan_0929soba:20210719232927p:image

ほんで最後に、深澤センセの「俺はチキンでもハムスターでもやく、救急員になりたいんだよ」が聞けて嬉しかったです今回。「俺はハムスターになりたいんだよ」と言い間違えちゃった岸くんをいつか見たい。

f:id:chan_0929soba:20210719233007p:image

ついに深澤センセ、覚悟決めたのか!とニヤニヤしてたら、次回の展開が不穏な空気しか流れてないんやが。深澤センセがピンチに陥るの?!美月が危ない目に合うの?!!?しかもそんな予告で引っ張っといて、次回放送が2週間後の8月9日は、そりゃないよ。私の心臓がもたんのですが!!!

まあこれもきっと、深澤センセの成長に繋がる痛み…この先に深澤センセが医者として大成する未来があるはずなのだ。私は全力で見守るしかない。最後まで見届けるからね…!(もう、誰ーーーー)

日常のブログ→ 日曜日のなのはな

ナイトドクター第4話感想

「女の闘い勃発!?壊れゆく2人の関係」

ドラマの折り返し地点が近づいていることに、すでに恐怖を感じております。第4話です。

今回はとにかく、深澤新にキュンキュンしっぱなしの回であった…尚、医者としての深澤先生ではない。

第4話のメインは、岡崎紗絵ちゃん演じる高岡先生。仕事は仕事、恋愛は恋愛!と割り切っていた高岡。でもあさひ海浜病院に運ばれてきた女性患者の付き添いに高岡の彼氏が現れ、追い求めていた理想が崩れはじめる。

その患者さんがどうやらインスタグラマーらしいと、ウワサ話に盛り上がるポンコツコンビ。可愛い。でも、君らはもうちょい仕事しような。

f:id:chan_0929soba:20210712231122p:image

このインスタグラマー花園さん、見ていて私は大人気もなくめちゃくちゃムカついておりました。高岡に対する嫌がらせが半端ない。それには事情があったことも、あとでわかるんやけども。なぜこのドラマはちょこちょこ、死ぬほどムカつく脇役が出てくるんやろ。

花園さんに苛々する高岡。さらにぶつかる朝倉。そして女子の間に挟まれ、翻弄される深澤センセ。可愛かったです。

だからといって深澤センセよ…インスタグラマーとツーショット撮ってニヤけるのはあかんでな。「おいおい何してんねん!」て本気で言うてもた。ただ岸くんもこんな顔でエゴサしてるんかなと思うと堪らん。

f:id:chan_0929soba:20210712231232p:image

今回はほんまに、可愛い深澤新が大豊作で!ついに妹、心美ちゃんの彼氏くんとご対面してしまい、拗ねる深澤兄ちゃんも可愛かった。

f:id:chan_0929soba:20210712231304p:image

彼氏くんと話しているとき、心美ちゃんの病気について打ち明けてしまう深澤兄ちゃん。心美ちゃんに怒られるオチが目に見えてるけど、このときの儚げな表情はさすが岸くんやったなぁ。

岸くんは、無言の瞬間が印象的である。

f:id:chan_0929soba:20210712231334p:image

どこまでも女子のいがみ合いが続く第4話だったけど、今回は後半の深澤新にヤラれました。

高岡の、患者をしっかり観察する真面目な仕事ぶりに気づいた深澤センセ。そんな高岡を励ます場面が、特に個人的ハイライトやった。

高岡のことをずっと待っていた深澤新も

f:id:chan_0929soba:20210712232417p:image

コーヒーを買ってきてくれる深澤新も

f:id:chan_0929soba:20210712231424p:image

あまり多くを語らず隣で話を聞いてあげる深澤新も

f:id:chan_0929soba:20210712232532p:image

さりげない優しさが泣けた。

こんなに寄り添って、自分のことを肯定してくれたら好きになっちゃうよ。ほんで深澤新の励ましの言葉は飾ってないんだよなぁ。だから素直に受け止められるんだろうな、と思う。

え、もう深澤きゅん…

めっちゃカッコいいですやん。医者としては仕事してないけど

f:id:chan_0929soba:20210712232648p:image

深澤きゅん、医者としてはポンコツかもしれないけど彼氏&旦那さんとしてはピカイチなんだよ。ぜひとも付き合ってほしい。

なんだか今回は超浅い感想になってしまった。そして深澤新のキュンポイント多すぎて画像だらけになってしまいました。

が、最後にもうひとつだけ、不覚にも刺さってしまった岸くんについて話したい。ええ、ここは岸くんなんです。

f:id:chan_0929soba:20210712231610p:image

ビールを飲む岸くん!!!!!

リアル25歳・成人男性だ…

f:id:chan_0929soba:20210712231654p:image

演技のお仕事でしか見れないこの姿を提供してくれたナイトドクター、ありがとう。

いつか深澤センセが、お医者さんとして活躍する日を夢見て。来週も楽しみにしております。

日常のブログ→ 日曜日のなのはな

ナイトドクター第3話感想

「無保険患者が抱える不公平な現実とは?」

月曜夜にナイトドクターを観るのが定着してきた。第3話のメインは北村匠海くん演じる桜庭先生でした。

実はお母さんが、あさひ海浜病院含む『柏桜会』の会長だった、サラブレッドの桜庭。でも心臓が弱い桜庭を心配し、そのお母さんがナイトドクターをやめさせようと病院に押しかけてくる。いわゆる過保護だ。

幼い頃に見た本郷先生の姿に憧れ、自分も患者を救いたいという強い気持ちを捨てられない桜庭。でも身体が弱く、救急医としての技術もない。そんな自分は、救急医になれない運命なんだと諦めかける。

桜庭よ…君にはそんなに強い信念があったのか。私はいたく感心したよ。いつも飄々とした感じだったのに、心の内は情熱に燃えてたんだな。(あれ、深澤センセ…?)

そんな桜庭が見たのは、無保険で治療費を払えないがゆえに受診せず、亡くなっていく患者。

そんな時にまた、生活が困窮し、手術を拒否する患者が運びこまれる。中学生の息子くんが付き添いで来るんだけど、その子の言う言葉がただ辛かった。

父親は、亡くなった奥さんとの思い出がつまった家を手放したくないから生活保護を受けない、手術を受けない、死んでもいいと言う。

それに対して息子くんは何も言えない。死んでもいいと思ってる人を生かすなんて「エゴ」なんじゃないかと。いやいやそんなこと、息子に言わすなよな…息子の気持ちも考えず、自分のことしか見えなくて「死んでもいい」と言う父親こそエゴだと、私は思う。

ここで本郷先生がかけた言葉が真理でしかなかった。

誰も君の人生の責任までは取ってくれない。それがどんなに優秀で素晴らしい親であろうとだ。だから君がどうしたいのかは、君自身で決めろ。

この言葉が、息子くんの背中を押した。

現実世界にも、息子くんみたいな境遇の子はたくさんいる気がする。その子たちには本郷先生みたいな大人が必要なのだと思う。

親ではなく、もっと外の視点から客観的に話をしてくれる大人。その子たち自身にとって最適な判断ができるように、導いてくれる大人が。

本郷先生の言葉に、背中を押された人がもうひとりいた。桜庭だ。

息子くんのお父さんが手術を受けることになり、人が少ない救急センターでポンコツ二人組の桜庭・深澤にピンチが訪れる。容体が急変した患者の対応にオロオロする二人。そこで桜庭が、震えながらも治療を成功させるのである。

ナイトドクター始まって以来、一番手汗冷や汗かいたシーンだった…でもやり切ったときの桜庭の表情が本当に、良かった。

…アレ?………ン??ちょっとごめん。

 

深澤センセ何しとん…????

 

いや、1話から俳優・岸優太としてはめちゃくちゃ活躍してんのよ。今回は桜庭メインだったから出番少なかったとしても、1話2話でかなり尺とってんのよ。

ただね、ドラマ始まって以来、深澤先生だけ医者としてまだなんもできてないのでは…?なんなら不審者から美月を救うことすらできてないから。「足がすくんで何もできんかったー!」とかポップに言うてますけども。それ、ポップに言えるようなことちゃうから。(私怒ってる?)

いやこれは、VS魂で岸くんお得意のCM2本またぎ的なヤツだと私は信じてるよ。深澤センセのカッコいいとこは、きっとドラマの後半に取っといてるんだよ、うん、きっとそう…

お願いだからそうだと言ってください、フジテレビ。

岸担の需要をわかってる演出には心から感謝してる。その証拠に、今日も深澤センセははちゃめちゃに可愛かったです。

f:id:chan_0929soba:20210705235102j:image
f:id:chan_0929soba:20210705235107j:image

あと、しばらく映らなかった後に急にアップで映る深澤センセの顔面が美しすぎる。骨格といい顔のパーツの配置といい。エ、ナニコレ???ていちいち驚くの、そろそろ慣れなよ自分。

ただやっぱあの、深澤センセは医者だから…岸くん、医者役として出てるからさ…医者として活躍する場面はほしいぞ。今後に期待。
f:id:chan_0929soba:20210705235058j:image

ゴキブリを見つけた岸くん。来週も楽しみだ。

日常のブログ→ 日曜日のなのはな

ナイトドクター第2話感想

「夜に訪れるコンビニ受診患者の真実?!」

今週も無事、ナイトドクターをリアタイできました。危うく夜に打ち合せが入るところだった…岸くんがドラマに出るということは、仕事が被らないかヒヤヒヤすることでもある。(録画してるやろがい)

第2話はコンビニ受診がテーマ。コンビニ受診とは、夜間や休日に緊急性のない軽症者が救急に受診しにくることを言うらしい。「どうせコンビニ受診だから」と呆れるナイトドクターたちのなかで、柔らかな物腰で患者さんと向き合う深澤先生…!

f:id:chan_0929soba:20210628233311p:image

深澤新よ…あなたはやっぱり内科医やで…いや、むしろ小児科医。ずっと白衣着てちびっこに微笑んでいてくれ。

今まで医者として全然いいとこ見せられなかった深澤先生が、ちゃんと医者なんやなと初めて実感できた。というか赤ちゃんに微笑む岸くんが尊い

そして今回一番こじらせたのが、料理男子・深澤新…ドラマ制作部に岸担いる?!絶対おるでしょ!深澤新どこまでおいしいキャラなんよ。ここだけは演技ほったらかしで、ただ岸くんとして観てもうたよ。料理する家庭的な岸くん最高すぎたよ。

f:id:chan_0929soba:20210628235257p:image

もういっこありました。お父さんに対して邪険な態度の美月に「話くらいしてやれよ」と悟す深澤新。

f:id:chan_0929soba:20210629000710p:image

このときの岸くんの表情が、予告のときから好きすぎるんだよ。予告では美月にヤキモチ妬いてる表情だと想像してたけど全然違った。でも普段の岸くんではあまりみない真剣な表情。好きだーーーー

深澤新の言葉にハッとした美月は院長と話し、深澤新が早くに親を亡くしたこと、妹のここみちゃんを養うためにバイトかけ持ちしながら医大に行ったことを知る。「自分のためには頑張れないけど、誰かのためなら頑張れる」深澤新が人として立派すぎる。なんなのよ、全然ポンコツちゃうやないか。結婚したいお医者さんNo.1やん。

ナイトドクター達が日々、たくさんの"コンビニ受診"の対応に明け暮れていると、事態は次第に展開。美月が風邪と診断して帰した、1歳のレオくんの容体が急変して緊急搬送されてしまう。「たかがコンビニ受診」と軽くみていたが故に、見落としてしまった症状…

たくさんの軽症患者が救急に来ることで、重症患者の対応が間に合わなくなるかもしれない。でも軽症だと思っていたら、実は深刻な病気のサインかもしれないという危険。

一方で、夜間休日に診察を受けるのは非常識かもしれない、と躊躇してしまう患者さん。

医療の難しさを考えさせられた。常に救急車のサイレンが鳴り止やまない凄絶な夜だけじゃなく、少し身近だけど複雑な問題を描いてるのが、リアルで良かったなと思う。

悩みながらも全力で突き進む美月の姿を影から見ている深澤新が、段々感化されていく様子がその表情から見て取れた。まだね、深澤新は全然動けないんだけども。今感じとっているものがこれから、深澤新の行動として表れていくんだろうか。

f:id:chan_0929soba:20210629004624j:image

そして今回のもうひとつのテーマは"普通ってなに?"

浮気した美月の彼氏が別れ際に言った「俺はただ美月と普通のカップルみたいにデートがしたかったんだ」という言葉。レオくんのお母さんが呟いた「他の人はみんな普通にできてるのに」。

レオくんのお母さんの境遇も、現実にありそうで見てて辛かった。

昔に比べれば、今は多様性が少しずつ受け入れられてきて"普通"の枠は広がってきた。でもまだまだ世間には、誰にも見えない"普通"の固定観念があるよなあと思う。そしてその固定観念を持ってる世間とはつまり、私たちのことなんだよな。

まずは自分自身が、無意識に抱いてる固定観念に縛られないことだ。難しいけど。かつ、夜間救急も含めて社会に自由な選択肢がもっともっと増えていくといいなと思う。

…あれ、深澤新どこ行った?すごく真剣に感想を書いてしまいました。

あれだけ1話目で深澤新がフィーチャーされてんから今回は出番少ないかと思いきや、めちゃくちゃ出てきた深澤新。今回も屋上で美月と語るシーンがあるなんて。岸くん、やっぱりキーパーソンでした。凄いや。また来週が楽しみだ。

ちなみにこれは可愛すぎて岸くんでした。

f:id:chan_0929soba:20210629005451j:image

あー、来週の回が舌噛み切られた不審者案件で始まるのやだなー気持ち悪いよー。

日常のブログ→ 日曜日のなのはな

King & Princeの沼入門〜中流編〜

前回は浅瀬編として、King & Princeとは?を語らせていただきました。

グループのことはなんとなくわかったけど、じゃあどんなメンバーがいるん?ということで、中流編では各メンバーを掘り下げたいと思います。

なおこれは「岸担の私から見たキンプリメンバー」。あくまで私の見解なので、もし気になるメンバーがいたらぜひ自分の目で色々見てみてください!

()内:主な呼び方とメンバーカラー。

平野紫耀(紫耀くん、深紅

f:id:chan_0929soba:20210625003800j:image

  • 1997年1月29日生まれ(キンプリ三男) 
  • 愛知県出身

言わずと知れたキンプリのセンター。ViViの顔面国宝ランキングで殿堂入りするほどのイケメン。歯磨きするだけで筋肉がつくマッチョ。ダイナミックなダンスハスキーボイスが魅力。運動神経の良さは人間離れしてて、実はサイボーグなんじゃないかと私は密かに疑ってる。

そのビジュアルからマンガ実写化の主演に抜擢されること多し。ドラマ「花のち晴れ」の主役や映画「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」など。あとダンス実力者なので、ダンスの面でグループをかなり牽引してるのではないかと思う。(キンプリで週に1回受けているダンスレッスンも、紫耀くんのツテ)

どこまでも完璧な紫耀くんですが、バラエティでは超がつくほど天然。エイプリルフールを「エリンギプール」と言い間違えたのはファンの間で有名な話。でもキンプリの中では、気づけばツッコむ側(なぜなら天然が多すぎるから)。

天然で面白いところもまるっと含めて、私の中で紫耀くんは「圧倒的王者」て感じ。普通の人じゃないのよ。オーラとポテンシャルに溢れてる。でもどこか孤高で自分を追い込んでいそうなイメージ。誰にでも心を開くわけではない気もしている。だからキンプリのみんなといるとき、心から楽しそうな紫耀くんを見ると少し安心します。

永瀬廉(れんれん•廉くん、漆黒)

f:id:chan_0929soba:20210625003819j:image

  • 1999年1月23日生まれ(キンプリ五男)  
  • 東京都出身

マイルドな関西弁で話す、キンプリのMC担当。紫耀くんと同じくViViの顔面国宝ランキングで殿堂入り済。まるで少女漫画から飛び出してきたかのような端正な顔立ちファッションモンスター。キンプリで唯一の大学生で、明治学院大学に通っています。ゲームが大好きで、インドア派な印象。岸くんいわく「風鈴みたいにピュア」な高音の歌声が魅力。

キンプリが天然キャラの宝庫すぎて、MC担当の廉くんはツッコミが追いつかず、いつも大変そう(笑)。顔面国宝と称されるイケメンなのに、どこか不憫なところが好き。岸くんのことが大好きでいつもデレデレしてるのに、岸くんに塩対応される時なんてほんと不憫…割と低空飛行で、わちゃわちゃしてるキンプリを一歩引いて見てる瞬間もある。そういう廉くんに普通さを感じて、個人的には一番親近感がわくメンバーです。

最近はかなり演技のお仕事が増えてきている印象。映画「弱虫ペダル」でメガネのオタクな主役・小野田坂道を好演し、"少女漫画に出てくるイケメン"イメージを払拭した気がする。朝ドラ「おかえり、モネ」や映画「真夜中乙女戦争」など、良い感じに俳優の道を積み重ねていて、岸担の私としては羨ましい限り…演技以外では、ラジオで「永瀬廉のRadio GARDEN」というレギュラーコーナーを持っている。以前、トーク力を上げたいと話していた廉くん。期待しております!!

高橋海人(海ちゃん、ひまわりイエロー

f:id:chan_0929soba:20210625003829j:image

  • 1999年4月3日生まれ(キンプリ末っ子) 
  • 神奈川県出身

キンプリの可愛い末っ子エキゾチックな顔立ちにより、ライブのコントではインド人留学生の役をやらされる。メンバーの中で一番芸術的センスがある。ダンスの実力もピカイチ。表現の幅がめちゃくちゃ広い。小学生の頃に所属していたダンスチームで全国大会に優勝したことがある。あいみょんと仲良し。尾崎世界観とも仲良し(アレ?)。尾崎世界観情熱大陸見たら、部屋に海ちゃんのうちわが飾ってあった。

絵を描くのが好きで、ジャニーズで初めて漫画誌ベツコミ」での漫画の連載を始めた超人。最近は廉くんに続き、演技の活躍も目立ってきて、今放送してる「ドラゴン桜」の評判は上々。グループでは紫耀くんと同じく、キンプリのダンス力の底上げにめっちゃ貢献してそう。でも海ちゃんは歌も上手い(というかキンプリはみんな上手い)。歌声が安定しているし、個性的な声が曲に色を加えてる。絵といいダンスといい演技といい、センスが光る人だと思う。

そんな海ちゃんはキンプリの中で「ザ・末っ子キャラ」。人一倍甘えん坊で寂しがりや。ツアー中のホテルの部屋割りでも、誰かと一緒の部屋になりたがる。でもみんなから拒否られがち。あと関係ないけど、MVのメイキングのときはカメラマンになりがち。

何かと抱えがちなキンプリメンバーの中では、楽しみ、悩み、頑張っている様子をわりと素直に見せているのが海ちゃんなのかなぁと思ったりしてます(違ったらごめんなさい)。そういうところが可愛いくて、カッコいいダンスとのギャップにやられるんだろうね。

岸優太(岸くん、

f:id:chan_0929soba:20210625010650j:image

  • 1995年9月29日生まれ(キンプリ長男)
  • 埼玉県出身

キンプリの愛されるリーダー。デビュー発表イベントでファンからの指名により、リーダーに任命された(焼き肉奢ったからじゃないよ!)岸くんといえば天然キャラ。キンプリのトークでは必ずオチをつとめ、メンバーを破顔させる。モノマネのレパートリー多め。倹約家。ちょいちょい古風なところがある。真面目で、誰かに止められないと永遠に練習し続けがち。礼儀正しく、狙ってない愛嬌により、数多の共演者やジャニーズの先輩たちをトリコにする。Kinki Kids堂本光一くんはずっと尊敬してる先輩。生き物が好き。でもカエルは苦手。筋トレが趣味。舞台前には体を仕上げる。キンプリが誇る歌唱力の持ち主。フェイクや高音を担当することが多く、表現力の鬼。ダンスはジャズ系が得意。指先まで神経の行き届いた繊細なダンスが特徴。色々と独特のセンスを持っている。

岸くんはとにかくバラエティ番組に強い。どの番組でも、予測不可能な天然発言で爆笑を巻き起こし、必ず爪痕を残します。ジワジワとお茶の間に浸透し、2020年の24時間テレビではキンプリで唯一、メインパーソナリティに就任。その後、鉄腕DASHの準レギュラー的ポジションやVS魂レギュラー出演も決定。面白いだけじゃなく、ピュアで何事にも前向きな姿勢が、高い好感度に繋がってます。そして6月からはついに月9のドラマも決定。実はJr.の頃に某雑誌で「演技が上手いJrランキング」1位を獲得したことも。舞台「DREAM BOYS」の座長を務めるなど、最近は舞台が多かった岸くんが今後どんな俳優業を進むのか楽しみ。

そんな岸くんはキンプリメンバーの前でも変わりません。「カッコいいより、面白いと言われる方が嬉しい」と言う岸くん。キンプリに笑いを提供すべく、ネタを用意してくるのが楽しい。いつもメンバーにいじられてる岸くんだけど、一方でその優しさと裏表のなさから、キンプリメンバーの大切な心の安定剤になってると思う。

岸くんは、キンプリメンバーの中でもミステリアスな人。メンバーでも私生活をよく知らなかったり、本音をなかなか見せなかったり、数年後に初めて打ち明ける事実があったり。そんな岸くんに、岸担はいつも翻弄されてばかり(でもそれが楽しい)

…このままいくと永遠に続きそうなので、岸くんの紹介はいったんここで終わります。

神宮寺勇太(神くん、ターコイズブルー)

f:id:chan_0929soba:20210625005810j:image

  • 1997年10月30日生まれ(キンプリ四男)
  • 千葉県出身

国民的彼氏。最近はキンプリのラスボスと言われる。大人びた顔立ちから、落ち着いていて賢そうと見られるが、本人いわく違うらしい。特技は空手黒帯持ち。趣味がギター、バイク、車、ダーツ、ヴィンテージファッション…とイケオジのそれでしかない。グループで一番お酒に強い。ゲームも強い。でも寝るときは小さい頃から持ってる"ねんね"がないと寝れない。ハットグランプリで1位を獲り続ける。歌声が伸びやかで上手い。安定感がとにかく抜群。

私、キンプリで一番サイコパスなのは神くんだと思う(褒めてる)。至極真面目な顔して、メンバーで一番ぶっ飛んだことをする。一度スイッチが入ると、なりきりモードが凄い。そんなキャラから、実は神くんが一番バラエティ力あるんじゃないかと感じ始めた(キンプる。でのナイスプレーの数々を見てほしい)。実際に、単独MCを務めた番組「名所から一番近い家」がゴールデン進出するなど、少しずつバラエティ番組のお仕事が増えてきています。そして8月からはドラマ「准教授・高槻彰良の推察」への出演も決定!これからはラスボスの出番です。

キンプリの中では、ライブ演出担当。かなりこだわって色々考えてる、縁の下の力持ち。昔はヤンチャやったやろうし今もその片鱗はあるけど、岸くんをはじめとしたメンバーのこと、グループ全体のこと、常にきちんと観察して見守りつつ、将来を見据えているんだろうなと感じる。個人的に今一番、今後の活躍を応援しているメンバーが神くんです。

岩橋玄樹(いわち、ピンク

f:id:chan_0929soba:20210625003856j:image

  • 1996年12月17日生まれ(キンプリ次男)
  • 東京都出身

キンプリの姫。冗談抜きで美人すぎて、ティアラは見るたびに敗北感を覚える。そんな「ティアラ」というファンの呼び名を命名したのはいわち。フワフワと可愛いルックスだけど、特技は野球。大の巨人ファン英語の勉強をしている。年上組らしくしっかりしていて、真面目RIDE ON TIMEでは、練習で神くんに怒る場面も。でも神くんとは「じぐいわコンビ」と称され、永久不滅のシンメ。なんなら恋人。岸くんにはイタズラしがち。岸くんは唯一「いわげん」と呼ぶが、その呼び方をいわちは気に入っていない。

アイドルになりたくて、自らジャニーズ事務所に履歴書を送ったいわち。誰よりもアイドル精神を徹底していたのは、いわちだと思う。いつでもティアラのことを見てくれて、最高に可愛いファンサをしてくれた。これから新しい道へ突き進むいわちの活躍を、全力で応援しています!

以上、またかなり深めな中流編でした。キンプリの魅力のひとつは、メンバーそれぞれの個性だと思います。ひとりひとりのことを知れば、よりオタ活を楽しめるはず。

次回はキンプリをより深く掘り下げていきたいと思います!

日常のブログ→ 日曜日のなのはな

ナイトドクター第1話感想

ついに来ましたよ、今日という日が。私が2年間待ち望んだ日が…!

f:id:chan_0929soba:20210621234013j:image

ジャニーズJr.の頃から、演技が上手いで有名だった岸くん。数々の映画やドラマに出演してきた岸くん。なのにそれが、まるでなかったことかのようにパッタリと映像のお仕事が途絶えた、デビュー後の3年間…

岸くんの繊細な演技は、間違いなく表現力に富んだものなのに、何故?という憤りをずっと抱えてた。でもいつかきっと、リアルタイムで岸くんの演技を画面いっぱいに観られる日は来るはず。「岸くんて演技も上手いんだ!」と世間が気づく日が来るはず…と信じておりました。

一方で、どこか一抹の心配が正直あった。だって私は岸担だ。自分が岸くんの演技力を客観的に見れてるかなんて、もはやわからなかったから。

でも、21時に帰宅が間に合わない中、駅から全力疾走してゼエゼエしながらTV画面をつけた瞬間、その心配は消し飛んだ。

そこには紛れもなく、"深澤新"がいた。

不安げで、凄絶な夜間救急の現場に動揺し、なにも動けない研修医あがりの医者がいた。

…にしても、ポンコツすぎん??いくらポンコツでも、医者なら応急処置とかAEDはできると思うんだ。

深澤新の役柄はさておき。そこには岸くんはいなかった。

観るまで、私はもっと「岸くんがカッコいい!」「この表情がいい!」とか言ってさ、キャーキャーして、ストーリー追えなくなるかと思ってたの。でも違った。

岸くんが演じる深澤新のポンコツさにもどかしさを感じたり、「やらねばならないのに、逃げたくなる」葛藤に痛いほど感情移入したり、自分の無力さに一緒に呆然としたりして、気づけばドラマに没入していた。

いや…岸くん演技上手いな?!そしてパワーアップしてませんか??映像のお仕事、数年のブランクあるとは思えない。

岸くんの目で語る演技が、本当に素晴らしい。感情の揺れ動きを、話さずとも伝えられる岸くんはすごいと思う。

f:id:chan_0929soba:20210622001121j:image

こういうのって映像じゃないとなかなか見れない。

そして治療を任された時、色んなことがフラッシュバックしてうろたえる場面。これが自然なんだよなぁ。岸くんが、微妙に震えてるのよ。

f:id:chan_0929soba:20210622001127j:image

何より、妹のここみちゃんが治療を受けているときの涙する場面。ここは予告でも切り取られてたけど、予告よりも断然良かった。とにかく自然なのよ。深澤新、ぜったい現実世界にいるやん(こんな医者いてほしくないけど)。

f:id:chan_0929soba:20210622001212j:image
f:id:chan_0929soba:20210622001216j:image

顔を拭うところがなんか男らしくてよかった。

とにかく、岸くんの演技が上手すぎて、私は岸くんとして観るのを忘れてました。二巡目でやっと、「岸くんのこの表情がいい!」とか騒げた。

今まで番宣を見てきて、ナイトドクターメンバーそれぞれの人柄を知ってるからこそ、本人と役柄とのギャップに、改めて俳優さん女優さんの凄さを実感する。そしてその錚々たる共演者のなか、違和感なく役を演じている岸くん…

SNSで「岸くん 演技」でエゴサするたびにニヤケが止まらない。ついに世に知られたぞ、俳優としての岸くんが。でもよく考えたら、岸くんを第1話のメインキャストにするのはかなりの賭けだよね。それまで世間からの演技力の印象がまっさらに近い岸くんは、今日の回次第で「演技がヘタ」な烙印を押される可能性だってあった。一方で演技がよければ、一気に俳優のイメージを印象づけられる。今日は、"分ギ点"だった気がする。

いつだって、オタクたちの期待を裏切らず、遥かに超えてくる岸くん。バラエティ番組に出ればホームラン連発の面白さで、歌を歌えばピカイチ、そのうえ演技ができるなんて、どんだけポテンシャル高いのよ。

でもその裏には並々ならぬ努力があったはず。だって岸くんが台本覚えて現場に入ってることも、凄くない?岸くんのバラエティの顔しか知らない人が聞いたらびっくりするよね。そんな努力に加え、微妙な感情を表す勘とセンス。本当に尊敬する。

これだから岸担はやめられない。

言いたいことはまだまだ山ほどあるけど、私も今週はハードワーク、深澤くんみたいに仕事頑張れるよう、今日は寝ようと思います。

アーーーー寝れるかなーーー興奮して寝れない。